MAISON DE REEFUR

“Mademoiselle Maison de Reefur”ってどんな人?

ミュージック、ファッション界からラブコールを受ける
NYのクリエイティブ・ディレクター、ダニエラ・ディレット。
Maison KitsuneやパリのColletteと関わり深く、ロンドンのBlue Birdでのショップデザインを経験、 自らもファッショナブルなダニエラは、パリにクリエイティブ・ブティック、Daniela Diletto Sarlも構えます。
そんな彼女とのキュートなコラボレーションアイテムが届きました。

「インテレクチャルでクール、けれど少しだけロマンティック。
妥協は好きではないし、不必要に笑ったりもしない。
ヒールで走ることもできれば、バケーションではベアフットが定番。
いつもとっておきのパフュームをまとい、気ままにチーズをつまみながら一杯のワインを一晩かけてゆっくりと空ける。 彼女はほどよく自分を甘やかすことを知る達人。」それがダニエラのイメージするコンセプト、「Mademoiselle MAISON DE REEFUR」です。
バッグやポーチなど日常使いのアイテムに春らしいポップでアートなときめきをプラスして。

キャンバス ショルダー バッグ

コートを脱いで洗い立てのシャツ一枚を羽織ったら、軽いコットンキャンバスショルダーを相棒に春の光を浴びて駆け出そう。ダニエラによるデザインロゴも軽快なキャンバスバッグは、A4サイズの書類やマガジン、お気に入りのアイスティタンブラーをいつでも持ち運べる十分な容量です。
ファスナー付きインナーポケットは小物入れに、ストラップはアジャスタ付きで斜め掛けや肩掛けにと機能的。

同シリーズで一回り小さい手提げにもなるバケットタイプも揃います。

エンブロイダリーポーチ

リップエンハンサーにアイブロウ、バッテリーにコード類。
コスメもデジタルガジェットもスッキリまとめるだけでは物足りない。 取出す時まで気持ちが明るくなるポップなイラストとカラーバリエーション豊富なポーチをお届けします。
エンブロイダリーされたダニエラのイラストとメッセージ、映画のタイトルでもあるそれら。

「Chez Moi」ー”私の家”。
「Je ne sais quoi」ー”言葉では表せない素敵さ”。
「Belle de Jour」ー”昼顔”。

マットなゴールドカラーのファスナーを開けるとライニングが施されているディテールも魅力です。形はスクエアとレクタングル、気分に合うカラーリングとデザインをチョイスして。

マルシェ バッグ バレッタ&コーム
サシェ エンブロイダリーポーチ
シルクスカーフ


軽快なハンドライティングのメッセージたちが踊るマルシェバッグ。
その名の通り元々、市場で買ったお野菜やお花を入れるお買い物バッグですが、パリの気軽なお土産として火がつき、近頃はコーディネートアイテムとしてすっかり街で定着しました。バカンスのお供からママバッグまで、何でも詰め込めて小さく折りたためる優秀アイテム。
同じモチーフのシルクスカーフはネックやヘアアクセサリーとして。
梨の形がユニークなサシェには甘美で優雅なローズ、若返りのハーブとも言われるローズマリー入り。気に入ったイラストと香りをセレクトしてドローワーやバッグに忍ばせて。
クリアポーチに入った上品なゴールドカラーのバレッタやコーム、コンパクトも必見。

心踊るカラフルな風吹く春、小粋で気ままなライフスタイルを楽しむ、Mademoiselle MAISON DE REEFURが急増の兆しです。